行動経済学&社会心理学・行動経済学とは何か?

行動経済学&社会心理学の研究
ビジネスリーダー必携の実践知識
Top行動経済学とは何か?

行動経済学とは何か?

行動経済学って何でしょう?大学の経済学部やビジネススクールで学ぶ経済学と何が違うの?では、その答えの前にそもそも今までの大学の学部やビジネススクールで学んでいる経済学とは何でしょう?

そもそも経済学とは?

元々の経済学とは、「資本主義や貨幣経済の社会の中で、限られたリソースの中から、如何にして価値を生み出していくかを研究する為の学問」でして、どちらかと言えば社会全般の経済活動を対象とするアカデミックな学問なんです。

ですので、起業をしようとしている人やマッケーターなどの職種の人々が、自らのキャリアアップの為に学ぼうとすると、先輩企業家やビジネスリーダーの人物像やキャリア史を研究するしかなかったんです。

しかし、経済学も長年の研究を経るについて様々な分派や理論が誕生しました。行動経済学はそれらの分派した理論のうちの一つなんです。そういった経緯から、行動経済学的に本来の経済学を見た際、「古典的な経済学」「古典経済学」と呼ぶのです。



行動経済学は生身の人間が下す評価・行動を分析した実践経済学

行動経済学とは、これまでの古典的な経済学がモデルとしていた人間(※経済人、ホモ・エコノミクスとも言われる)を前提とした経済学ではなく、生身の人間を対象とし、人間がどのような状況下で、どのように選択・行動し、その結果どうなるかを究明することを目的とした新しく実践的な経済学なんです。

行動経済学の有名な研究者としては、前述のプロスペクト理論を提唱した、ダニエル・カーネマン、エイモス・トベルスキーがいます。(ダニエル・カーネマンはプロスペクト理論によりノーベル経済学賞を受賞しています。現在も存命で、アメリカのプリンストン大学で教授として教鞭を執っています)

行動経済学では、古典経済学が想定するつねに合理的な判断をするホモエコノミクスを対象としたものではなく、現実世界に生きる人間を意識・行動を対象とした学問の為、起業家、ビジネスリーダー、MBAホルダーやMBA学習者など、マーケティングやマネジメント分野をはじめとするビジネス界で強い注目を集めています。

※ホモ・エコノミクスとは?
古典的な経済学が想定する、自己の利益を最大限に考え、その為に常に合理的な判断で一貫した行動を将来に渡ってもぶれる事無く行う人間のモデル。道徳や倫理にも左右されず、常に自身の為にだけ行動をする存在。当然、現実に存在するわけではない。人間=ホモ・サピエンスをもじって命名された。




copyright© 2008- 行動経済学&社会心理学の研究 All Rights Reserverd. 当サイトのコンテンツの一部又は全部のコピーならびに転用の一切を禁じます。
相互リンク 無料の法律相談