行動経済学&社会心理学・アンカリング効果の解説

行動経済学&社会心理学の研究
ビジネスリーダー必携の実践知識
Topアンカリング効果  

アンカリング効果とは?

あなたの行動は暗示という名の錨の範囲内に・・・

あなたはこれから洋服を買いに出かけます。

買い物をしようとあなたが目星をつけているお店に行くと、定価¥10,000の値札の上から「半額¥5,000」の文字が。

別のテナントでは、¥29,800のジャケットを多く取り揃えている中で、1着だけ、型落ち品の限定セール品が¥19,800で売られていた。

¥10,000、¥29,800の価格がアンカー(船の錨)としてあなたの心の中に標準となる価値基準を作り、¥5,000や¥19,800が魅力的に見えてしまうのだ。



アンカリング効果を考える時に、¥5,000や¥19,800という価格(数字)自体に特別な魅力がある訳ではないという事だ。

その証拠に¥5,000であっても、それ以外のシャツがほとんど¥2,000や¥3,000だったら、¥5,000の服は割高に感じ、少なくとも「半額¥5,000」の値札を見た時ほどのお得感は感じないはずだ。

¥10,000、¥29,800という基準価格を最初に提示される事で、これらの価格との比較という考え方になる結果、¥5,000がお得に感じる。

アウトレットモールでの買い物が何となくお得に感じるのもこのアンカリングによるもの。

この場合、何が錨になっているかというと、「アウトレット=売れ残り品を安く売るお店」という価値基準がある為だ。





copyright© 2008- 行動経済学&社会心理学の研究 All Rights Reserverd. 当サイトのコンテンツの一部又は全部のコピーならびに転用の一切を禁じます。