行動経済学&社会心理学・MBA

行動経済学&社会心理学の研究
ビジネスリーダー必携の実践知識
TopMBAとは?  | トップページ行動経済学とは社会心理学とはMBAとはNLPとは

MBAとは何か?

企業経営・マネジメントに関するプロフェッショナル

MBAとは、日本語では「経営学修士」の事であり、正確には「Master of Business Administration」という学士の一種です。まだまだ世間では特定の資格などのように思われていますが、固有の資格ではなく、あくまでも学士である為、MBAを取得したい場合には大きく分けて

の2つの道があります。特に日本では、新設された専門職大学院制度に基づく専門職学位課程によるものと、従来通りの修士課程によるものと選択する事ができます。

MBAで何を学ぶ事ができるのか?MBA取得のメリット

一口にMBAと言ってもそれぞれのスクールのカリキュラムによって学べる内容が変わってきます。基礎的には経営に必要な「ヒト」「モノ」「カネ」に関する事を学ぶのが共通認識ですが、そのアプローチ法が各スクールによって特徴のあるものとなっています。

例えば、日本式のアカデミックなMBAカリキュラムもあれば、アメリカ・ハーバード大学でのビジネススクールに代表されるケーススタディで学んでいく実践型カリキュラムもあり、 更に専門分野が細分化さらた、旅行業向けのMBAや、企業ではなく起業向けのMBA、管理能力を重視した企業エグゼクティブ向けのMAB(EMBA)など、学ぶ内容が多岐に渡ります。

MBAは取得する事に意味があるのではなく、あくまでもその過程に意味があるので、自身がMBAに何を求めるのかで選ぶスクール、カリキュラムが決まってくるでしょう。

MBA取得の方法と道程

大きく分けて、日本国内で取得する方法と、海外で取得する方法がある事は前述しましたが具体的にはどのようなスクーリングがあるのか見ていきましょう。

MBAの取得方法について更に詳しくはこちらをクリック

MBAと行動経済学・社会心理学とのつながり

MBAは既述の通り、企業における「ヒト」「モノ」「カネ」を効率的に管理し、事業を運営していく技能を体系的に学んでいくものですから、いかに人と接していくか、人がどのように考え、どのような判断を下し、結果、どのような行動に出るのか。という事をきちんと把握しておかなければなりません。

これは正に「ある状況下におかれた人間が、どのような判断で行動していくか(行動してしまうか)を研究し、古典経済学と比べ、どう結論が違ってくるか、又、それは何故そうなるのか」といった事をテーマとしている行動経済学と同様と言わなければいけません。

MBA=行動経済学ではありませんが、現実世界に生きる人間として、ビジネスを引っ張っていくリーダーとして、必ずと言って良いほど必要になってくる知識である事は言うまでもありません。

MBAカリキュラムの中に単科として行動経済学が入っている事は殆どありませんが(現在の段階で、行動経済学の各理論を豆知識的に紹介したり、ケーススタディで学べる程度です)、MBAと併せて、又は、MBA所得後(勿論、取得前でも)に一度体系的に学んでおく必要性は今後、より増してくる事は間違いありません。






copyright© 2008- 行動経済学&社会心理学の研究 All Rights Reserverd. 当サイトのコンテンツの一部又は全部のコピーならびに転用の一切を禁じます。